MENU

 仕事を始めるようになると忙しくてなかなか連絡が取れなかった学生時代の友人から、本当に久しぶりの連絡がやってきました。
その連絡の内容が今度結婚すると言うものだったのです。
ついに彼女もそういう時が来たのかと、ちょっと嬉しい気持ちにもなっていました。
「もし良かったら、ちょっと会って話さない?」という誘いを受けて待ち合わせすることになりました。
仕事が終わってからディナーを一緒にすることにしました。
久しぶりに顔を合わせただけど、キラキラ輝いているっていうのが印象でした。
とっても今幸せを感じているのだなって、オーラが出まくっちゃっていたのです。
食事を食べながら話を聞いていきましたが、出会い方を訪ねて信じられないような言葉が返ってきたのです。
「変に思うかもしれないけどね、今度結婚する彼氏はパパ活で知り合った人なんだよね」
それはもしかしたら肉体関係前提のお付き合いなのかと思ったのです。
「違うよ、エッチ全然しなかったんだよ。食事を一緒に行くだけなのにお小遣いを貰えるんだよね。相手が独身の人で私の事が気に入ってくれたみたいで、結婚を申し込まれちゃってね、高収入な人だからすぐにOK しちゃったんだ」
ちょっと恥ずかしそうな表情を浮かべながら言ってきました。
食事を食べてお小遣いをもらうことができて、それが婚活に繋がってしまったと言うのはただ驚くばかり。
富裕層男性を探せ出せるなんて、やたらと関心しきりでした。
結婚相談所は高い料金が必要だから利用を断念した私には、この方法こそ再婚相手を探す最良の方法だと感じたのです。
ネットを使うことできっと簡単にパパ募集ができるはずです。

肉体関係がないのだからとっても気楽に始められるし、今の私にもピッタリの関係であるのは間違いありません。